高血圧に効くサプリといえば?やっぱりあれ!

高血圧に良いサプリとは?

高血圧対策として効果的だとされる成分は、

 

  • 青魚に多いDHA・EPA
  • トマトとお酢を一緒にしたトマト酢
  • 牡蠣に多いタウリン

 

など、このような成分たちが血圧の正常化に良いといわれています。特にDHA・EPAは、血中の中性脂肪を減らし動脈硬化の予防にも働くため、高血圧以外にも脳卒中や心筋梗塞など血管の詰まりにより起こる病気を防ぐことにも力を発揮します。

 

また、これらの有効成分を手軽かつ継続的に補給するためにはサプリを利用するのがおすすめです。毎日の食事の負担を減らせるし、上手に血圧対策を行うことができます。

 

きなりの特徴

きなりは、DHA・EPAを目標摂取量の半分を含有したサプリメントです。青魚パワーのDHA・EPAに加え、サラサラの王様ナットウキナーゼもプラス。中性脂肪やコレステロールに良いだけでなく、動脈硬化が原因の病気対策としても効果的です。1日あたり約66円から始められる血圧対策サプリメントです。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA他

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、牡蠣やしじみから摂れる豊富な栄養を凝縮したサプリメントです。中でもタウリンは血圧を下げる効果に加え、疲労回復などにも役立つといわれています。他にもしじみに含まれるオルニチンは、肝臓の健康を守る成分として人気です。

価格 980円
評価 評価4
備考 タウリン他

 

トマト酢生活の特徴

トマト酢生活は、特定保健用食品として認められた健康飲料です。トマト酢は研究の結果、飲み始めてから2週間経過した頃から血圧低下作用があることがわかっています。さっぱりとした飲みやすいドリンクとなっていることもあり、高めの血圧が気になる方から人気を集めています。

価格 934(税別)円
評価 評価3
備考 トマト酢

 

高血圧対策に摂りたい栄養たち

 

栄養素の中には、高血圧を下げる効果があるものもあります。その代表がカリウムです。塩分にはナトリウムと呼ばれる、高血圧の元となる成分が含まれているのですが、カリウムはそれを追い出す力を持っているのです。

 

野菜などに多く含まれています。しかし、高血圧の対策になるからと言って多量摂取するという行為は、腎臓に疾患がる方にとって危険です。というのも、腎臓疾患者は、体内にカリウムを溜めこんでしまう可能性があるからです。そのため、カリウムの摂取する際には、医師の方と相談してその量を決めるようにしましょう。

 

また、タウリンと呼ばれる、イカや牡蠣に含まれている栄養素にも高血圧を下げる効果があります。それだけに留まらず、タウリンにはコレステロールを下げる働きも備わっています。肥満傾向にある方は是非、摂取することを検討してみてください。

 

また、タウリンには交感神経の働きを抑える働きがあります。ここで、交感神経とは苛立ったときや運動したときなど、体を活発に活動させる時に働く神経のことです。ストレスを感じると高血圧になりやすいというのはつまり、「ストレスによって交感神経が活発になり、そこから発生する成分が高血圧を上げる」という仕組みに基づく現象なのです。

 

詰まるところ、ストレスを感じやすい方でも交感神経の活動を抑えることができれば高血圧に繋がりにくいということなので、タウリンの摂取量をひとつ考えてみると良いでしょう。

 

また、海藻類にはミネラルというものが含まれており、これも高血圧の予防や改善に有効です。偏食やダイエットによって、ミネラルの摂取量が不足するということはよくあるため、海藻類をサラダや味噌汁で摂取するようにしてみると良いかと思います。加えて、カルシウムやマグネシウムの摂取も大切になります。

 

ここまでで5つの栄養素を紹介してきましたが、これらの栄養素を摂取するためにはバランスの良い食生活が非常に重要となってきます。日々の生活の中でこれらをバランスよく取り入れ続けることが難しいという方は、足りていない栄養素を見極め、サプリなどを活用するようにするのもひとつの手です。

 

妊婦さんの高血圧の下げ方はある?

 

妊娠高血圧症候群。以前には、妊娠中毒症と称されていたものになります。妊娠中ですと、些細な体調の変化が心身に負担をかけてしまうので、高血圧が僅かに正常値を上回っていた場合でも不安に感じてしまうものです。

 

妊娠してからどれだけの期間を経て発症したかによって、大きく二つに分類されます。ひとつは、32週未満の早発型。もうひとつは、それ以後での発症となる遅発型です。この内、早期型のほうが症状の悪化の仕方が顕著で、特に注意を促される型になります。

 

この妊娠高血圧症候群、発症する割合としては全体の1割ほどで、低いと言える数値ではありません。そのため、自分には関係ないという考えを持っている方がいるとしたら、すぐに改めるべきでしょう。

 

妊娠高血圧症候群の主な原因は、現時点ではどうやら解明されていないようです。しかし、それまでは正常値を示していた方が妊娠した途端に高血圧となってしまうことから、妊娠が引き起こす体調変化と何かしらの関係があるというように考えられています。

 

ご存知の方もいるかと思いますが、お腹の中にいる赤ちゃんに栄養を送るという行為は、実は高血圧上昇の一因なのです。そのため、試しに自分で測定してみた値が多少高くとも、慌てて下げようと行動に出る必要はありません。

 

それでも最高が140mmHg以上、最低が90mmHg以上になってしまった際には、大丈夫だと自己判断はせず、しっかりと産婦人科で受診することをお勧めします。また反対に、自己判断による改善への取り組みを開始することはやめましょう。主な処置としては、食事に気を付け安静にするということが挙げられます。しかし、実際に治療するときには医師の指導に従い、正しい処置を行うようにしましょう。

 

高血圧時は塩分の量に注意

 

高血圧に大きな影響を与えるのが塩分といわれています。では、なぜ塩分が血圧に影響を与えるのでしょうか。私たちの体は、水分やミネラルなどが含まれる体液や血液や流れています。それらは、とても精密な数値でコントロールされており、自分で意識しなくでも、体が調節をしてくれています。

 

塩分に含まれるナトリウムも体に必要な成分のひとつですが、摂取量が多くなると、体はバランスを取ろうとして、水分で薄めようとします。そのため、しょっぱいものを食べたときに、水が飲みたくなるのはそのためです。そして、血液の場合も浸透圧を変えないように、水分を取り込み、通常時より全体の血液の量が増えます。

 

すると、いつもより血液の量が多いので、血管を圧迫しながら、血液が流れます。さらに、心臓にも負担をかけることになります。このようなことから、血圧が上がって高血圧になるのです。

 

日本人の食事は、味噌やしょうゆなどの味付けが多いため、塩分を多く摂取していることが多く、1日の平均が12g前後といわれています。しかし、厚生労働省では、男性が10g、女性が8gの塩分摂取量を推奨しており、世界保健機構では1日6g未満が望ましいとしています。また、日本高血圧学会では、高血圧と診断された場合は1日6g未満を推奨しています。

 

塩分が血圧に与える影響を考えると、やはり控えるように心がけるようにしましょう。また、近年は汗をかく機会が減っており、取った塩分が体に残りやすくなっているようです。少し汗ばむぐらいの運動をして、排出することも考えて見ましょう。

 

高血圧対策に行いたい運動

 

高血圧の非薬物療法の中のひとつ運動療法は、無理せずにコツコツ続けることが大切です。無理をしてしまうと当たり前ですが続きません。運動は続けてこそ効果が発揮するので、軽い運動でも良いので毎日もしくは一日おきくらいに続けるようにしてください。

 

激しい運動ではなく有酸素運動をしましょう

 

高血圧には速く走ったり筋力トレーニングをするなど激しい運動をするよりも、ウォーキングや水泳など、ゆっくりとした有酸素運動をすることが効果的だとされています。これは全身を動かすことによって大量の酸素を身体の中に取りこむため、血液に良い影響を与えるとされています。それにダイエットにもつながるので、結果として血圧が下がっていくのです。

 

筋肉に刺激を与えて血液の循環が良くなる

 

筋肉は通常の生活をおくっているだけではすべてを使うことはありません。運動しなければ使うことがない筋肉もありまして、筋肉は刺激を与えることによって代謝がアップし、身体の中に酸素を消費する量が増えていきます。これによって血液の循環が良くなるので、血管への抵抗化少なくなって血圧がさがるのです。

 

ストレス解消が血圧を下げる

 

ストレスは血圧を上げてしまう原因のひとつとして有名で、ストレスがたまるとアドレナリンが分泌されてしまい、交感神経が緊張することで血圧があがります。

 

ストレスをためないようにしますと、副交感神経が刺激されるので血圧がさがるのです。ストレスの解消方法は人それぞれ違うと思うので、自分のストレス解消法を見つけておくと便利です。

 

高血圧に自覚症状はあるの?

 

高血圧はアメリカですとサイレントキラーという別名があります。これは自覚症状をほとんど感じることがなく、いつの間にか高血圧になっていることが多いからです。

 

症状を感じているけど気づかないだけ

 

自覚症状がないので、症状が出ていないのかと言いますと、実際は症状が無いわけではなく、気づいていないだけだったりするのです。

 

高血圧だと診断されて初めて「そういえばあの時にあんな症状が…」と思い出すこともあるように、気を付けてみていれば気づくような症状を感じている人も多くいます。

 

軽い症状が多いために気づくことが少ないだけだったり、疲労がたまった時や別の病気が発生した時に一時的に症状が出ることもあります。一時的な症状のために見逃しがちなのが問題だったりもするのです。

 

自覚症状がないくらい小さな変化なので気づきづらいですが、逆に考えると自覚症状が無いうちは高血圧がまだ軽いからで、あきらかな症状を感じるようになったときには高血圧が進んでしまった証拠だと考えられるのです。

 

ほかの病気と勘違いしやすいから注意

 

高血圧の症状はいくつかありますが、脳神経や腎臓、心臓や消化器系などさまざまなところに発生するため、接続しておらずほかの病気と勘違いされることが多々あります。

 

一過性の症状としても頭痛やめまい、肩こりや息切れなど、ほかの病気と結びつけて考えてしまいがちな症状のため、気づくのが遅れてしまいがちなのです。

 

気づくのが遅れればそれだけ重症化する危険があり、他の病気が発症するリスクも高まってしまうので、少しでもおかしいと感じることがあったらすぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

高血圧と動脈硬化の関係

 

動脈は血液が流れやすくするためにやわらかく弾力性をもっています。動脈硬化はこの軟らかさと弾力性を失ったり、内膜や内弾性板の層が厚くなることで発症してしまう病気です。

 

細い血管で起きてしまった動脈硬化を最動脈硬化といい、太い血管の場合は粥状動脈硬化と呼ばれています。動脈硬化は生後すぐから徐々に進行していき、30歳を過ぎたころから症状としてあらわれるようになっていくのです。

 

症状が出てしまっときにはすでに血管内で動脈硬化が進行している証になり、合併症を発症する引き金にもなりかねません。

 

高血圧と動脈硬化の原因は同じもの

 

高血圧は動脈硬化の進行を早めてしまうため、通常よりも合併症を発症してしまうリスクが高まってしまうのです。動脈硬化と高血圧はとても密接な関係にあり、どちらかが重くなってしまった場合はもう片方にも関係しているということなのです。

 

動脈硬化を発症させる危険因子として挙げられているのは生活習慣で、喫煙や飲酒、運動不足や塩分のとりすぎなど、高血圧を発症させる原因として挙げられているものと同じです。

 

他にも高脂血症や糖尿病などを発症させるリスクが高まり、心筋梗塞や脳梗塞などの多くの病気の発症リスクを高めてしまいます。

 

動脈硬化と高血圧で誘発される危険がある合併症も数多くあり、そのすべてが重篤になってしまうと命にかかわってしまうものなので、発症を未然に防ぐように努力することが大切です。

 

生活習慣の見直しが一番簡単に出来る有効な予防策ですので、今一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

降圧剤は使うべき…?恐い副作用

 

血圧を下げる効果のある薬は、第一段階では4種類の中から選ぶことを推奨されています。主となっているそれぞれの降圧薬の名前と特徴・副作用などについて調べてみました。

 

アンジオテンシンII受容体拮抗薬

 

通称「ARB」と呼ばれている薬で、血管を収縮させることで血圧を上げてしまう原因物質である「アンジオテンシンII」のはたらきを抑えることを目的としています。

 

副作用はめまいや動悸で、降圧薬の中でも副作用が少ない方でして、心臓などの臓器に対しての保護作用もあるのが特徴です。

 

アンジオテンシン変換酵素阻害薬

 

通称「ACE阻害薬」です。「アンジオテンシンII」が生まれてしまうのを抑えることを目的とした薬で、心臓や腎臓などを保護する作用があります。副作用としてあげられるのは喉のイガイガしたり、空咳が出ることがあります。

 

カルシウム拮抗薬

 

血管にある筋肉にカルシウムが入ってしまうことで血圧が上がってしまうこと抑えるために、血管を広げさせることを目的とした降圧薬です。

 

副作用はむくみで、ほかに発生する副作用がすくないため、狭心症などの合併症がある方に使用することが多い薬です。

 

利尿薬

 

身体の毒素を排出してくれる尿へと塩分であるナトリウムを排出させることを促進してくれます。長期的に使うことで血管壁のナトリウムを減らすことができるため、血管も拡張させることができて血圧が下がる効果がある薬です。

 

副作用は脱水やインポテンスなどで、量を変えても効果が変わらすに副作用が増えてしまうだけなので、少量処方が多くほかの薬と並行して使われていることが多くなっています。

更新履歴