高血圧の改善に役立つ運動

高血圧の改善に役立つ運動

高血圧というのは、いわゆる生活習慣病の一種として分類されています。高血圧の改善や予防をしていくのであれば、運動をすることも大切だとされています。

 

病院でも、高血圧と診断されたら運動療法によって改善をしていくことがほとんどです。運動をすると、血管内皮機能の状態が改善されます。これによって、血圧を低下させることも可能になるのです。

 

普段から有酸素運動を行うようにしたことで、高血圧のを改善させることができたケースは少なくありません。その人によって体型や高血圧の状態は異なっています。ですから、普段からどれくらいの運動量が必要なのかも異なっていますので、次に紹介することはあくまでも一般的なものとして考えておいてください。

 

有酸素運動が良いということは上記でも書いていますが、有酸素運動して代表的なのはサイクリングや水中ウォーキング、水泳、ランニング、ウォーキングです。いずれの有酸素運動も運動し慣れていない人でも実践できますよね。

 

有酸素運動をする場合、毎日欠かさずに1日当たり30分は継続して行うようにしましょう。一度に30分運動をするのが辛いのであれば、分けて実践しても問題ありません。

 

反対に無酸素運動だと、体を酷使してしまうだけではなく、血圧まで上昇してしまいます。ですから、体に負荷をかけてしまうような運動はしないようにしましょう。

 

運動が苦手で、これまで全く体を動かさなかったのであれば、ランニングなどは諦めてしまいやすいですから、ウォーキングから始めるようにしたほうが長続きさせやすくなるでしょう。

 

高血圧に効くサプリランキング