高血圧から引き起こされる合併症

高血圧から引き起こされる合併症

心臓に負担をかけながら血圧が上昇してしまっている状態になっていることを高血圧と言います。そして、高血圧になることで合併症を引き起こしてしまう場合もあるのです。

 

まずは心臓に関係している合併症としてどんなものがあるのかからお話しします。

 

心不全

 

心臓が鼓動しにくくなってしまうと、血液が汚くなってしまったり、血行が悪くなってしまい、うっ血性心不全になってしまいます。うっ血性心不全になってしまうと、息切れや動機、むくみなどの症状が現れます。

 

心肥大

 

高血圧になることで、血液を全身に送るためには、それだけ心臓の圧力も強くしていかなくてはなりません。これによって、心臓の筋肉の厚みが増してしまい、高血圧精神肥大になってしまいます。

 

心筋梗塞

 

血管が詰まってしまって心臓が血液の循環をすることができなくなってしまう病気のことを心筋梗塞になってしまいます。そして、血管が狭くなってしまい、血行が悪くなってしまうことを狭心症というのですが、心筋梗塞も狭心症も高血圧から動脈硬化を引き起こしてしまったことが原因になっています。この他にも、高血圧が脳に関係している病気を発症させてしまうこともあります。

 

脳梗塞

 

動脈硬化が脳の中で起きてしまうと、脳に十分に血液が送られなくなってしまい、脳梗塞になってしまいます。

 

脳出血

 

動脈硬化になると血管がもろくなりやすくなります。これによって、脳内で血管が破れてしまって出血をしてしまい、くも膜下出血や脳出血を引き起こしてしまうこともあるのです。この他にも、高血圧になることで、腎臓にも影響が出てしまうこともあります。

 

腎不全や腎硬化症

 

腎臓というのは、体の中の老廃物を分解して尿として排出させるための臓器になっているのですが、高血圧になることで腎臓が硬化してしまい、腎臓の機能が正常に働かなくなってしまい腎不全になってしまいます。
さらに糸球体の血管が高血圧の生で動脈硬化になる場合、血管内にある糸球体も硬化し、腎硬化症を発症してしまうこともあります。